Skip to content(本文へジャンプ)

オピニオン社員は普通の人

人事の相手は「普通の人」なのに、
「普通の人」に理解できない制度を作ってしまう。

人事の基本は、企業の競争優位を生み出すために、その源泉である「人」の能力をいかに発揮させるか、です。

そして、その「人」というのは、得てして「普通の人」です。もちろん、コンサル会社や弁護士事務所をはじめとした、特殊技能集団もあるにはありますが、一般的な企業を構成する大多数は「普通の人」なのです。

日本の人事パーソンは優秀な人が担っていることが多いからこそ、「普通の人」の感覚を忘れて、複雑な人事制度を作りがちです。しかし、複雑な人事制度は、制約やルールでがんじがらめになり、却って活力を奪ってしまいます。

人は活力があればあるほど、つまり、やる気を出せば出すほど、生産性が高くなることがわかっていますから、「普通の人」が働きやすいシンプルなものでなければ、企業の発展にはつながりません。

人事を貫く考え方の中心に、「社員は普通の人」として扱うことを据えてください。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • 人で勝つ

    言葉いかんによって、そのアウトプットが劇的に変わる「人」は、経営資源における最大の差別化要因。だから私は、その「人で勝つ」経営を掲げ、人事をやっています。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 変革

    変革は難しくない。100点満点を狙うから難しいだけ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 社員は普通の人

    人事の相手は「普通の人」なのに、「普通の人」に理解できない制度を作ってしまう。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 強さと良さ

    20世紀は「強い」企業が勝ったが、21世紀は「強くて良い」企業が勝つ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • リーダーシップ

    リーダーシップ育成のポイントは、セルフリーダーシップ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 人事戦略

    人事戦略はゴールがあって初めて作られる。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • ダイバーシティ

    優秀であれば、男性も女性も関係ない、動物でもいいんだよ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • グローバル化

    グローバル化もダイバーシティ。最高に強くなって世界で勝つための手段。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 生産性

    日本のフォロワーシップは世界一。それにふさわしいリーダーシップを。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

イベントスケジュール

more